未分類

【大人が夢中になる!】タランティーノ映画おすすめ最高ランキング

タランティーノの意外な名作がきっと見つかる!

これ知らないと100%楽しめない!

 

「タランティーノ監督にはどんな作品があるの?」
「結局どの作品が一番人気なの?」
「他の人のランキングが知りたい」
「隠れた名作を見つけたい」
「新作を観る前に予習しておきたい!」

 

この記事にたどり着いたあなたはこんな願望をお持ちでしょう。

何度観てもやっぱり面白い!

なぜか引き込まれてしまうタランティーノの映画。病みつきになります。

ユージン
ユージン
初めまして。自由を求める映画フリークユージンです。テレビ代わりに映画を見続けて15年以上。今となっては映画は僕の生活の一部です 。そんな映画中毒の僕がタランティーノの全作品と関連作品を解説します。

 

高校生の時に初めてパルプフィクションを観て以来、20年以上タランティーノ作品を繰り返し見続けています。

僕にとっては毎回新作にドキドキできる数少ない監督のひとりです。

しかし、だらだらと長い会話や、過激な暴力シーンが苦手という人もいるでしょう。

確かに万人受けする映画ではないかもしれませんが、タランティーノ作品には他にはない独特の存在感と説得力があります。

荒っぽいけど緻密で先の読めないストーリー!
かっこいいけどクセが強い登場人物たち!
タランティーノ選曲による超クールなサウンドトラック!

とにかく飽きさせません。

かっこいい映像にシビれる音楽、そして湧き上がる興奮。理屈抜きで面白いです。

好きな人はとことん好き。ハマる人はとことんハマる!

そんなコアなファンを増殖させ続けるタランティーノ作品。まずはどんな作品があるのかみていきます。

この記事を読み終わるころにはあなたも立派なタランティーノマニアの仲間入りをしているはずです。

この記事でわかること

・タランティーノ監督の全作品
・どの作品が人気なのか?
・私的ランキング
・観る順番は?
・関連作品のオススメは?
・タランティーノっぽい作品のオススメは?
・タランティーノ作品を最も配信しているVODは?

タランティーノ監督全作品

 

作品名 興行収入 評価(映画賞など) 上映時間
92年
レザボアドッグス
280万ドル 映画ファンから絶大な支持。
伝説的な人気
99分
94年
パルプフィクション
2億1400万ドル カンヌ国際映画祭パルムドール
アカデミー賞脚本賞
ゴールデングローブ最優秀脚本賞
178分
97年
ジャッキーブラウン
7470万ドル 160分
03年  キルビル1 1億8090万ドル 112分
04年 キルビル2 1億5220万ドル 138分
07年
デスプルーフinグラインドハウス
3070万ドル 127分
09年
イングロリアス
バスターズ
3億2150万ドル 助演男優賞
(クリストフ ヴァルツ)
153分
12年  ジャンゴ 4億2540万ドル ゴールデングローブ賞
最優秀脚本賞
165分
15年
ヘイトフルエイト
1億5580万ドル アカデミー賞作曲賞
ゴルデングローブ賞作曲賞
(エンニオモリコーネ)
187分
19年
ワンスアポンアタイムインハリウッド
160分

タランティーノ監督作品は全部で9本です。

どれが一番人気なのか?気になるところです。

興行収入的には、

1位 ジャンゴ
2位 イングロリアス バスターズ
3位 パルプフィクション
4位 キルビル
5位 ジャッキーブラウン

ということになりますが、時代が違うので単純には比べられません。

僕の周りの映画好きの間ではパルプフィクションかレザボアドッグスが一番人気ですが、デスプルーフが最高という人もわりと多くジャッキーブラウンが一番だ!という人もいます。

ユージン
ユージン
これは人によってかなり好みが分かれます。それでは僕のランキングを発表してみますので参考にしてみて下さい。 

タランティーノ作品私的ランキング

 

1位 パルプフィクション(1994年)

 

ストーリー (4.5)
音楽 (5.0)
キャスト (5.0)
オススメ度 (5.0)

 

イチオシポイント

・3つのストーリーが交わるワクワク感
・サミュエル L ジャクソンの存在感
・ジョントラボルタのダンス
・ユマサーマンがかわいい
・ブルースウィルスと日本刀

タランティーノ監督の名前を世界に知らしめた名作。
3つのストーリが絶妙に絡み合う爽快なクライムアクション。

高校生の時、映画好きの友達に勧められて初めて観ました。

初めて見たときは、緻密なストーリーとサミュエル L ジャクソンのかっこよさにシビれ、ユマサーマンの美貌に見とれました。高校生の僕にとっては本当に刺激的でした。

それまで見ていた映画とは全然違う、何となくヒップホップの匂いがする登場人物、セリフ、雰囲気。全てがクールで斬新でした。

僕はこの映画を観て一発でサミュエル L ジャクソンのファンになりました。

サミュエル扮するギャングのジュールスが売人のアジトに乗り込んで、ビッグカフナバーガーをスプライトで喉に流し込むシーンが大好きです。

そして、ジョントラボルタ、ブルースウィルス、ハーヴェイカイテル、ティムロスなどの豪華な俳優陣が脇を固めて、全く隙がありません。中身の濃い2時間30分です。

見て損はない1本です。

>>U-NEXTでチェック

 

 

2位  レザボアドッグス(1992年)

 

ストーリー (4.0)
音楽 (5.0)
キャスト (4.5)
オススメ度 (4.5)

 

イチオシポイント

・とにかくサントラが最高
・映画史に残るオープニング

・俳優がみんな渋い
・黒いスーツがかっこいい
・無駄話がリアル
・衝撃のラスト

記念すべきタランティーノのデビュー作。

渋い俳優達の演技が光る密室クライムサスペンスです。

僕は17歳の時にこの映画を初めて観ました。冒頭からいきなり始まる黒いスーツを着た男たちの妙にリアルなくだらない無駄話。

タランティーノ演じるミスターブラウンが語るマドンナの「ライク ア バージン」の新解釈。高校生の僕は「なるほど〜」と本気にしていました。何となくリアルで外国人の暮らしを垣間見たような気がしたのを覚えています。

そして、ジョージベイカーの『リトルグリーンバッグ』で始まるオープニングは今観てもやっぱりかっこいいです。ベースラインが耳から離れません。

また、マイケルマドセンによる刑事の拷問シーンは衝撃です。この時流れる『Stuck in the Middle with you』とのミスマッチ感も忘れられません。劇中に出てくる”Kビリーのスーパーサウンズ70’s”というラジオ番組も気になります。

僕はレザボアドックスのサントラが一番好きです。選曲センスが抜群です。

映画自体は95分と短いですが、見所はいっぱいです。ギャングものが好きな人は必見です。

>>U-NEXTでチェック

 

 

3位 デス・プルーフ in グラインドハウス(2007年)

 

ストーリー (4.0)
音楽 (4.5)
キャスト (4.5)
オススメ度 (4.5)

 

イチオシポイント

・スリル満点のカーアクション
・セクシーな女性の無駄話がいい
・不気味なカートラッセル
・勢いのあるサントラ
・何となく懐かしい映像
・胸がスッとするラストの爽快感

深夜映画で流れてそうなB級っぽい雰囲気のカーアクションスリラーです。

ノスタルジックな映像とソウルミュージック。
セクシーな女性たちと激しいカーアクション。

タランティーノらしい1本です。

足フェチ、タランティーノの個人的な趣味がふんだんに盛り込まれ、若い女性たちの綺麗な足が冒頭から炸裂していますが悪くないです。

東南アジアにありそうな古臭いソウルバーのテラスでパイプを回すシーンがリアルで大好きです。バックパッカーになったような自由な気分を味わえます。

そして、遠目から若い女を付け狙う気持ち悪い変態スタントマンと強気でセクシーな女性達とのバトルが壮絶で見ものです。

女の子達の無駄話が多いですがストーリーはわかりやすくて、痛快な後味のいい映画です。

僕は好きですね。

>>U-NEXTでチェック

 

 

4位 ジャンゴ(2012年)

 

ストーリー (4.5)
音楽 (3.5)
キャスト (4.5)
オススメ度 (4.0)

 

イチオシポイント

・とにかくジャンゴ(ジェイミーフォックス)がかっこいい
・クリストフヴァルツの名演技
・ディカプリオが不気味
・わかりやすいストーリー
・壮大な景色

 

奴隷制度を忌み嫌うドイツ人歯科医師と黒人奴隷のジャンゴが手を組み悪い奴らを殺しまくる痛快な復讐劇です。

南北戦争(1861年)直前のアメリカ南部、奴隷制度が敷かれていた頃の話で日本人の僕には全く馴染みのない背景ですが、そんなこと関係なしに楽しめるわかりやすいストーリーです。

とにかくジャンゴ役のジェイミーフォックスがかっこいい!

農場主役のディカプリオのキレっぷりも迫力があります。

また、助演男優賞のクリストフヴァルツ、やタランティーノファミリーのサミュエル L ジャクソンの演技も非常に見応えがあります。

2pacのラップ「Unchained」に乗せてジャンゴが二丁拳銃で撃ちまくるシーンが好きです。

多少グロいシーンはありますが、ラストは胸がスッとする爽快感です。名作だと思います。

>>Amazon primeでチェック

 

5位 ワンスアポンアタイムインハリウッド
19年8月30日公開

 

ストーリー (4.0)
音楽 (3.5)
キャスト (4.5)
オススメ度 (4.0)

 

イチオシポイント

・ブラピとディカプリオのいぶし銀の演技
・雰囲気のいい映像と音楽
・リアルに再現された60年代のハリウッド
・子役ジュリアバターズのクールなキャラ
・いい感じのラスト

いよいよ公開されたタランティーノ監督の9作目。レオナルドディカプリオとブラッドピットの共演は見応えがあります。

これまでのタランティーノ作品と比べると少し地味な印象を受けますが、その穏やかな雰囲気がとても心地よくいつまででも観ていたい。映画が終わってしまうのがすごく寂しい。

観終わった後は何とも言えないほっこりした気持ちになりました。「映画ってやっぱりいいなー」と思える作品です。

1969年のハリウッドが舞台。

1969年といえばウッドストック。ヒッピームーブメントの最盛期。ドラッグ、音楽、反戦、自然回帰。若者たちが街に溢れ自由を求めるカウンターカルチャーの全盛時代。

そんな時代に取り残されたふたりの男たちの友情と、不穏な空気のマンソンファミリーのストーリーが並行しながらゆっくり進み、次第に絡み合っていきます。

そして1969年8月9日に起きたカルト集団マンソンファミリーによるシャロンテート殺人事件を背景に急展開。

サントラはディープパープルやストーンズにサイモン&ガーファンクルなど60年代の曲が中心ですが、音楽はいつもよりおとなしい印象です。

激しい展開が好きな人には少し物足りないと感じるかもしれませんが、タランティーノ独特の質感で1969年のハリウッドを疑似体験させてくれます。

大人向けの渋い傑作だと思います。

69年のカルト集団マンソンファミリーによるシャロンテート殺害事件がストーリーの中心になるので、マンソンファミリーとシャロンテート殺人事件について少し予習しておきましょう。

【見るべき?】ワンスアポンアタイムインハリウッド評価と直球感想クエンティンタランティーノ監督の9作目「ワンスアポンアタイムインハリウッド」を公開日に観てきたので早速レビューしたいと思います。 ...

 

6位 ヘイトフル・エイト(2015年)

 

ストーリー (4.5)
音楽 (3.0)
キャスト (4.5)
オススメ度 (4.0)

 

イチオシポイント

・先が読めないストーリー
・ヒリヒリするような会話劇
・クセのあるキャラクター達
・壮大な景色
・スケールのでかい雪景色
・リアルな山小屋

猛吹雪の中、山小屋に閉じ込められた8人の曲者が繰り広げる密室サスペンス。

綺麗な雪景色と重厚な音楽から始まります。何となくタランティーノっぽくないなぁと感じましたが、見ていくうちにどんどん引き込まれました。やっぱりタランティーノです。

音楽担当は巨匠エンニオモリコーネ。壮大な音楽とダイナミックな映像です。スケールのデカイ映画だなという印象でした。僕はタランティーノ選曲の古いソウルやR&Bの方が好きですがこれはこれでいい感じです。

サミュエル L ジャクソン、マイケルマドセン、カートラッセル、ティムロスなどタランティーノファミリーが集結して、ヒリヒリするような張り詰めた会話劇を見せてくれます。

いったい誰が犯人なのか?
全員が怪しく疑わしい

先の読めない展開でドキドキします。

緻密なストーリー、時間軸の入れ替え、会話劇。見どころが多くタランティーノファンには嬉しい1本です。

>>U-NEXTでチェック

 

7位 イングロリアス バスターズ(2009年)

 

ストーリー (3.5)
音楽 (3.5)
キャスト (4.5)
オススメ度 (4.0)

 

イチオシポイント

・緊張感のある会話劇
・ブラピのキャラが面白い
・美しいメラニーロラン
・クリストフヴァルツの名演技
・予想外のラスト

第二次世界大戦時のフランスが舞台。タランティーノ作品ブラッドピット初出演で話題になりました。

ドイツに占領されたフランスで家族を皆殺しにされたユダヤ人少女がナチスに劇的な復讐を果たすわりとシリアスなストーリーですが、戦争映画特有の重苦しい感じはなくすんなり観れます。

戦争のヒリヒリするような緊張感は保ちつつも、どこかコミカルで明るい仕上がりです。
今までに観たどのナチス映画とも全然違う雰囲気でした。タランティーノ節全開の戦争映画です。

復讐に燃えるメラニーロランが凄く魅力的です。

冒頭の長い会話劇の緊張感はすごいですね。

>>Amazon primeでチェック

 

8位 ジャッキーブラウン(1997年)

 

ストーリー (4.0)
音楽 (4.0)
キャスト (3.5)
オススメ度 (3.5)

 

イチオシポイント

・ワクワクするオープニング
・パムグリアの強さ
・デニーロとサミュエルのコンビ
・緻密なストーリー
・ロバートフォスターの大人な魅力

主演のパムグリアの肝の据わった存在感と70年代ソウルミュージックの組み合わせが絶妙。黒人が大活躍するクライムサスペンスです。

サミュエル L ジャクソンとロバートデニーロのギャングコンビもとても新鮮です。

“Across 110th street”で始まるオープニングは勢いがあって好きです。ストーリーは意外と複雑で何度も見返したくなります。

最初は「このおばさん誰だ?」と思っていたのに観ていくうちにパムグリアのタフなかっこよさに引き込まれていき、エンディングの頃には好きになってるから不思議です。

激しい銃撃シーンなどはなく、安心して観れる大人向けの1本です。

どこにでもあるような古臭いショッピングモールで繰り広げられる金をめぐる三つ巴の攻防戦はまさにエンターテイメント。

>>U-NEXTでチェック

 

 

9位  キルビル2 (2004年)

 

ストーリー (3.0)
音楽 (3.5)
キャスト (4.0)
オススメ度 (3.5)

 

イチオシポイント

・いい雰囲気の西部劇
・ユマサーマンの脱出シーン
・タランティーノらしいオープニング
・最後のビルとの対決

キルビル1の続編。

ユマサーマンとビルとの関係も明らかになって、いよいよ毒蛇暗殺団のボスであるビルに復讐を果たしていく完結編です。

僕はキルビル1よりキルビル2の方が好きです。

一度はビルの弟に返り討ちに遭い、棺桶に入れられ生き埋めにされてしまったユマサーマンが自力で縄を抜け、折りたたみナイフでロープを切り、中国のカンフーマスターに鍛えてもらった拳で棺桶を叩き割ります。

何となく生きる気力が湧いてくる名シーンです。

カンフーマスター”パイ メイ”との修行のシーンも子供の頃見ていた香港映画みたいで好きです。

ビル役のデビッドキャラダインとその弟役のマイケルマドセンがいい味出してます。

>>DMMレンタルでチェック

 

 

10位 キルビル1(2003年)

 

ストーリー (2.5)
音楽 (4.0)
キャスト (3.0)
オススメ度 (3.0)

 

イチオシポイント

・日本人俳優がいっぱい出てくる
・布袋寅泰のサントラがいい
・ユマサーマンの片言の日本語がかわいい
・溢れ出す親日感

ジャッキーブラウンから6年間の沈黙を経てリリースされたコメディタッチのアクションムービー。

パルプフィクションやレザボアドッグスですっかりタランティーノにハマっていた僕はこの映画を超絶楽しみにしていました。

主演はユマ・サーマン。サントラは布袋寅泰。初めてCMを観た時はかなり胸が踊りました。

しかし、僕には合わなかったようです。

毒蛇暗殺団の元メンバーだったユマサーマンが足を洗い堅気の男との子を妊娠し、結婚式のリハーサルをしているところを暗殺団のメンバー達に襲われ激しいリンチにあう。

奇跡的に一命を取り留めたユマサーマンが旦那と生まれてくるはずだった子供の仇を取るために暗殺団のメンバーを一人づつ殺していくという物語。

沖縄や東京が出てきたり、栗山千明や千葉真一が出てきて日本マニア感は十分に伝わってきますが、服部半蔵が沖縄で刀を作り、黄色いスーツを着た西洋人が日本刀で斬りまくり、鉄球を振り回す女子高生を殺し、着物を着たルーシーリューと日本庭園で対決する。

いまいちストーリーが入ってきません。

タランティーノ作品の大きな魅力のひとつ緻密なストーリー展開がこの映画ではあんまり楽しめませんでした。

でも音楽や映像は相変わらずかっこいいです。布袋寅泰の「新 仁義なき戦いのテーマ」は名曲です。

>>DMMレンタルでチェック

 

 

1位 パルプフィクション
2位 レザボアドッグス
3位 デスプルーフinグラインドハウス
4位 ジャンゴ
5位 ワンスアポンアタイムインハリウッド
6位 ヘイトフル・エイト
7位 イングロリアスバスターズ
8位 ジャッキーブラウン
9位 キルビル2
10位 キルビル1

やっぱりパルプフィクションとレザボアドッグスは外せません。次にデスプルーフ、そしてジャンゴ。わかりやすくて音楽に勢いがある作品が好みです。

新作のワンスアポンアタイムインハリウッドは良かったですが、過去最高ではなかったですね。

 

タランティーノはどんな順番で見ればいいの?

これからタランティーノ作品を初めて観るという人はどんな順番で観ればいいのか?迷うと思います。

タランティーノの映画はほとんどが2時間超えなので失敗したくないところです。

まずはやっぱり時系列順に、

レザボアドッグス→パルプフィクション→ジャッキーブラウンと観ていくのがいいと思いますが、根強い人気のある最初の3作は 20年以上前の映画です。

古い映画は苦手という人は、

ジャンゴ→イングロリアスバスターズ→ワンスアポンアタイムインハリウッドの順番で観るのがオススメです。ジャンゴが好きならきっとイングロリアスバスターズも気に入ると思います。

グロい暴力シーンが苦手という人は、
パルプフィクション→ジャッキーブラウン→ワンスアポンアタイムインハリウッド→レザボアドッグスと観ていけばだんだん慣れてきます。

時間がない人はもっとも上映時間が短いレザボアドッグスをまず観て気に入ったら他の作品をチェックするのが得策です。

 

タランティーノ関連作品のオススメは?

監督作品9本全部見てしまったけどもっとタランティーノを堪能したい!

わかります。その気持ち。

タランティーノ監督は自身の長編映画以外にも、脚本や製作総指揮などでたくさんの作品に関わっています。オムニバス映画からドラマまで幅広いですが、僕は全て観ています。

その中から僕のオススメを3本紹介します。

①95年 フォールームス

タランティーノが3人の監督に声をかけて作られた短編オムニバスのドタバタコメディ。

4人の監督がひとつづつストーリーを持ち寄り、4つの物語で一つの映画になっています。

大晦日、ロサンゼルスのとあるホテルの4つの部屋が舞台。新米ベルボーイのティムロスはそれぞれの部屋の騒動に巻き込まれて最悪の大晦日を過ごします。

4番目のストーリーがタランティーノ監督作品で、本人も出演しています。ジェニファービールズが凄い綺麗ですね。ブルースウィルスもいます。

僕は3番目のロバートロドリゲス監督のストーリーが好きです。アントニオバンデラスが渋いです。

ティムロスは全てのストーリーに登場します。若い頃のティムロスが初々しいです。ティムロスファンは観た方がいいでしょう。

>>DMMレンタルでチェック

 

 

②94年 トゥルーロマンス

 

タランティーノが脚本を書いたバイオレンスアクション。

監督のトニースコットが、脚本のラストを書き換えたためタランティーノはヘソを曲げ脚本の権利を返却させようとした、といういわくつきの作品。

ビデオショップに勤める冴えない青年が、アラバマという可愛らしいコールガールと恋に落ち、ギャングの金とドラッグを持ってメキシコに逃げるというボニー&クライド的なストーリー。

確かにこの映画のラストはタランティーノらしくないですが僕はこの映画のラストが好きです。愛する彼女のために無理して頑張るクラレンスの姿は胸を打ちます。

タランティーノが脚本を担当したオリバーストーン監督の「ナチュラルボーンキラーズ」のラストは嫌いですが、この映画のラストは安心します。

ハンスジマーのサントラと霧がかった映像の組み合わせがもとても幻想的です。

>>DMMレンタルでチェック

 

③96年 フロムダスクティルドーン

タランティーノが脚本を手掛けたクライムアクションホラー。監督はロバートロドリゲス。

僕がこの映画を初めて観たのはテレビの深夜番組でした。

他に観るものがなかったので何となくだらだら見ていると僕の大好きなハーヴェイカイテルや、ジョージクルーニーにタランティーノ。思いのほかキャスティングが豪華だったのでそのまま見続けました。

銀行強盗に入ったギャングの兄弟がキャンピングカーで旅する牧師の家族を人質にとりメキシコに逃げるために国境を超え、仲間と落ち合う。

最初は普通のクライムアクションだと思ったんですが、途中から信じられない方向に急展開していきます。

斬新なストーリーに夢中になって最後までしっかり観てしまいました。ジョージクルーニーとタランティーノの兄弟もかなり新鮮でした。タランティーノは異常な性欲を持て余す変態男を演じています。はまり役です。

>>U-NEXTでチェック

 

タランティーノっぽい映画は?

監督作品は全部観た。

関連作品も観終わった。

けどもっと観たい!

ならタランティーノっぽい作品を探してみましょう。

90年代後半はパルプフィクションの影響でそれっぽい映画がいっぱいありました。

ユージン
ユージン
今回は僕が今まで観てきた映画の中で「これタランティーノっぽいなぁー」と感じた作品を2本紹介したいと思います。

98年
ロック ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ

 

ガイリッチー監督のデビュー作。

イギリス版パルプフィクションという感じで微妙に時間軸が入れ替わったりしてタランティーノっぽいと思います。

でも、タランティーノっぽいとかそんなことを抜きにして僕はこの映画が大好きです。

治安が悪そうなロンドンの下町でギャング、チンピラとインテリホームグロワーが入り乱れて金とドラッグの取り合いです。笑えます!そして緻密なストーリー展開に驚きます。

The Stoogesの「I wanna be your dog」がよく似合う雰囲気のある映像と音楽です。

同監督の2作目「スナッチ」も同じ感じの映画ですが、僕はこっちの方がオススメです!

何度見ても、しばらくするとまた観たくなる中毒性のある1本です。

主演はニックモラン。ジェイソンステイサムやスティングも出てます。面白いです。

>>DMMレンタルでチェック!

 

 

08年 バンクジョブ

1971年に英国で実際にあった銀行強盗の映画化。

オープニングの感じや全体のストーリー展開が何となくとくタランティーノっぽい感じがします。

この映画ももう何回も観ていますが、何度見ても面白いです。複雑に絡み合ったストーリーが実に見事に収束されていく感じが好きです。

とにかくジェイソンステイサムがかっこいい。

強気でピンチを乗り切っていく姿に勇気をもらえます。

この話が実話だと思うとワクワクしてきますね。泥棒映画が好きな人にオススメです。

>>Amazon primeで観る

 

タランティーノ作品Q&A

 

Q.グロいシーンが苦手な私でもタランティーノ映画を楽しめますか?

A.はい。楽しめると思います。
僕も過激な暴力シーンや流血シーンは苦手ですが、タランティーノ作品は大好きです。

過激なシーンもどこかコミカルに描いてくれるので生々しい感じがしません。また、残酷に殺されるのは大体悪い奴ですからそんなに気にならないのかもしれません。

ただ、「レザボア・ドッグス」の耳を落とすシーンと、「ジャンゴ」の人が犬に食われるシーンだけは直視できませんでした。このふたつのシーンは生々しいです。

時々グロいシーンもありますが、グロさを求めてタランティーノ映画を見ている人はそんなにいないと思います。

残酷な場面は目をつむってやり過ごしたとしても十分に楽しめるはずです。

パルプフィクションやジャッキーブラウン、そして新作のワンスアポンアタイムインハリウッドはグロいシーンが少ないです。

 

Q.タランティーノ映画は自分が影響を受けた過去作品へのオマージュシーンが多いと聞きますが、元ネタを知らなくても楽しめるの?

 

A.はい。もちろん楽しめます。
タランティーノ監督の映画の知識は膨大過ぎるし、世代も国も違うので「このシーンはあの作品のオマージュだ」と言われたところで僕にはわかりません。

僕も元ネタなど全く分からずに見てきましたが、元ネタの知識が全くなくてもすんなり楽しめるようにできているから大丈夫です。

まず1度観て、後から評論家やネット上のいろんな人の考察を読む。そして気になる元ネタがあればそれを観る。そしてもう一度本編を観ると「あーなるほど」となる。

そうやってどんどん映画に詳しくなっていく。タランティーノ作品にはそういう力があると思います。

 

タランティーノ作品を配信しているVODサービスは?

 

VOD 月額(税抜き) 見放題  PPV(課金) 無料期間
U-NEXT 1990円 レザボア・ドッグス
パルプフィクション
ジャッキーブラウン
デスプルーフ
ヘイトフル・エイト
なし 30日
Netflix 800円〜 イングロ
ジャンゴ
ヘイトフル・エイト
なし 1ヶ月
Amazon prime 500円(税込) ヘイトフル・エイト レザボアドッグス
パルプフィクション
デスプルーフ
イングロ
ジャンゴ
(199円〜300円)
30日
dTV 500円 レザボア・ドッグス イングロ
ヘイトフル・エイト
(300円)
31日
TSUTAYA TV 933円 イングロ
ヘイトフル・エイト
フォールームス
パルプフィクション
ジャッキーブラウン
ジャンゴ
(400円)
30日
ビデオマーケット 980円 ジャンゴ
ヘイトフル・エイト
フォールームス
パルプフィクション
デスプルーフ
(300ポイント)
初月
無料

※2019年9月1日時点での情報です。

タランティーノ作品を配信している主要VOD(動画配信サイト)を比較してみました。

定額で最もたくさん観れるのはU-NEXT。

Amazon Primeならほとんどの作品が199円で観れます。

U-NEXTとNetflixの無料期間を申し込めばキルビル 1.2以外の作品はビデオショップに行かなくても家で無料で観れてしまいます。便利です。

新作のワンスアポンアタイムインハリウッドはぜひ劇場で観てください。

キルビルは今の所オンライン配信はされていませんので、近くのビデオショップか宅配レンタルで観ましょう。

【大人が夢中になる!】タランティーノ映画おすすめ最高ランキングまとめ

タランティーノ監督の作品を観ていると映画はただ椅子に座って受け身で楽しむ娯楽ではなく、いろんな解釈を探して、友達と議論して楽しみ方を自分で模索していくひとつの能動的な趣味なのだと教えられます。

確かにタランティーノ作品には細かい設定やオマージュが散りばめられていて色々な角度から楽しむことができます。

でも、やはり最大の魅力は「観終わった後の爽快感」これに尽きると思います。

映画を見終わって劇場の外に出た時、「良かったなー」「良い時間だったなー」と思わせてくれる。純粋に費用対効果が高いところが僕は好きですね。

ここまでお読み頂きありがとうございました。